クレーンの運転手は派遣社員がお得です

派遣社員の利用が増えています

世の中がグローバル化する中で、仕事の仕方についても、多様化するようになっています。

なかでも顕著なのが、派遣社員を利用する機会が増加していることです。

以前までの雇用の仕方は、非正規の職員として、アルバイトやパートも存在していました。

しかしあくまで主流となるのは、正社員としての雇用です。

ところが正社員の場合には、健康保険料の負担など、非正規にはない高額な負担が会社に必要です。

そこで最近の会社では、派遣社員を利用することが増えています。

最終的に支払う給料を低くできます

その場合の雇用形態は、正社員ではなくてあくまで非正規です。

そのため会社としては、健康保険料などを負担しなくても済みます。

ただし派遣社員の場合には、能力が高い人であれば、正社員よりも給料が高めです。

しかし正社員ではないために、必要なときだけ利用できます。

結果として派遣社員の場合には、最終的に支払う給料が低くすることが可能です。

そうした点で建設現場におけるクレーンの運転手は、常に必要であるとは限りません。

高額な給料のクレーンの運転手

例えばビルを建設する際であれば、高い所では必要でも、低い所では必要性が低下します。

ところがクレーンの運転手は、高度な専門性を持つ職業です。

そのためクレーンの運転手の給料は、一般の建設現場で働く人よりも、給料の金額が高額なほうです。

高額な給料を支払いながら、働いてもらえない期間が長くなると、それだけ無駄な経費が多くなります。

したがってクレーンの運転手は、正社員として雇用するよりも、派遣社員を利用するほうがお得です。

運転手の派遣に応募する際には、本来の運転業務以外の付帯業務の有無を確認してみましょう。例えば検診車の場合は、検診の補助作業にも従事する事があります。