起業のやり方には様々な形があります

手軽な方法として在宅で起業する方法があります

最も手軽で費用の掛からない企業のやりかたは、在宅で開業することです。どのような事業を実施するかにもよりますが、最近ではこの形態が増加しています。在宅で開業する代表的なパターンが、インターネットショッピング等のIT関連事業です。パソコンと電話、場合によってはFAXがあれば開業できますので非常に簡単です。税理士や弁護士など士業の方が開業する場合も、事務所を持たずに自宅を事務所として開業する人も多いです。

代理店やフランチャイズで起業するやり方です

自分自身の経験や、経営に関する知識、その業界のノウハウに自信が無い場合には、代理店やフランチャイズで起業するやり方もあります。フランチャイズはコンビニエンスストアや、お弁当屋さんが代表的です。フランチャイズ契約にも色々ありますが、基本的にはフランチャイズ料を支払って経営ノウハウや技術の提供を受けます。自分自身で顧客を開拓することが省略できるメリットがあります。但し、自分自身の経営方針を受け入れてもらえなかたり、裁量が限られることがあります。

自分自身で店舗や事務所を持ち起業する方法です

最後が、自分自身で店舗や事務所を持ち起業するやり方です。業種にもよりますが、特に飲食店の場合には、どの場所で起業するのかが大切な要素になります。場所の決定は自分の目で確かめて決定する必要があります。出来れば1か月間、店の前での通行量調査を行い、どの時間帯にどの様な層の人が通っているかの確認をした上で決定した方が良いです。また、一般的には人通りが多い繁華街の店舗は賃料が高くなります。通行量調査と賃料そして、競合店の立地状況を鑑み店舗の場所を決定します。

人気のフランチャイズ経営のひとつにセブンイレブンがあります。きちんとした基本が構築されており、失敗しにくくなっています。